クレジットカードを新規作成する人がいる

 クレジットカードがこれだけ広く浸透していると、もう持っていない人はほとんどいないのではないかと錯覚してしまいます。私の周りでも知っている人はたいていクレジットカードを持っていますし、持っているのがもう当たり前の感覚です。しかし、デパートやスーパーなどのクレジットカード新規受け付けコーナーに目をやると、まだまだこれから新しいクレジットカードを作ろうという人が結構いることに気付きます。 よくよく考えたら毎年クレジットカードを新規作成できる年齢に到達する人がいるわけですから、少なくともその人たちは作成する機会があります。ですので、これからも一定数はクレジットカードを新規作成する人がいるのだと、その光景を見ていて思いました。

クレジットカードを使う機会は12月が1番多い

 私がクレジットカードをたくさん使う月は、12月に集中しています。なぜ12月なのかというと、年末に向けていろいろと買い物をする機会がとても多いからです。年末年始にプレイするためのゲームソフト、寒い冬を乗り切るための防寒着、お正月に食べるための冷凍食材など、12月はとにかく出費が多くてクレジットカードの出番が増えます。 現金で払ってしまっても良いのですが、それだと手持ちがさびしくなってしまうのでとても不安です。それならば、たとえ現金で払えたとしてもあえてクレジットカード決済しておいて、年末年始に現金を残しておくほうが安心できます。毎年12月は同じような買い物をしているので、これからもクレジットカードを使う機会は12月が1番多くなりそうです。

無職のクレジットカード審査について

体調不良から仕事をしていなかった時期があり、金銭的に困ったのでクレジットカードに申し込みをしました。
無職だと貸してくれるところもないといいますが、とにかく実際に申し込んでみるべきだと考えたからです。
もしかすると奇跡的に通る可能性があるかもしれないので可能性に賭けてみることにしたのです。
WEBから必要事項を記入して申し込む方式だったのでその日の内に済ませて、ドキドキしながら待ってみました。
なんと驚くことに結果はメールで知らせてくれるという便利なシステムなので、審査もスピーディに終わりそうだと期待していた部分もあったんですよね。
ところが申し込みをしてわずか30分足らずで審査に通らなかったというメールが届きました。
正確にはもっと早くお断りのメールが届いていて、瞬殺といえるスピードだったので多分機械審査だったのでしょう。
もしかすると審査基準として無職は最初からNGという設定をしてあるのかもしれません。
やはりどんな事情があってもクレジットカード無職だと厳しいと痛感して、それからはしばらく申し込みをするのを控えました。
そして、当時持っていたクレジットカードは返済だけ行うようにして、日雇いの仕事をしながら滞り無く全額返済したのです。

クレジットカードを賢く使う

クレジットカードを持って大人になったような気がして支払いはクレジットカードが中心でしたが、クレジットカードは賢く使わないと負けだという友人の言葉の意味が理解できるようになりました。便利なサービスが多いクレジットカード。リボ払いなんて便利で仕方がありません。クレジットカードで支払いを済ますとポイントもたまってすごく得した気分になって満足していました。大事なのは計画的に使用することにあるように思います。無計画に使用していて、クレジットカードの支払いを済ましてしまうと生活ができなくなるような時期が確かにあったからです。クレジットカードを持ちすぎるのも良くなかったようで、自分の活動範囲をきちんと把握したうえで一番得のできるクレジットカードをもつのが大切だと思います。

財布の中にあると便利なクレジットカード

普段は現金しか使っていない私でもクレジットカードは必ず財布に1枚入れています。それはいざという時のためです。そんないざという時が結構あるもので本当にクレジットカードには助けられています。例えばこの前デートに行った時に見栄を張ってしまって予想以上に高い料理屋さんに入ってしまいました。そんな時もクレジットカードがあったからお金のことは一切気にすることなく、いつもと同じように料理とデートを楽しむことが出来ました。もしこの時にクレジットカードがなかったらと思うと、想像を絶する思いです。たぶんデートは台無しになっていたことでしょう。いつどこで何があるかわからないので、財布には一枚クレジットカードを入れておくようにしています。

クレジットカード

クレジットカード、それは、私たちの生活にごく自然に溶け込んでいるもの。クレジットカードは便利で、金額が大きな買い物をするときに大量の現金を持ち歩かなくても済む。持って歩いていて、誰かに盗られたなんてことも防ぐことができる。ネットで何か買うときもあると何かと便利。私は、ネットオークションをよく使うので、カードには助けられっぱなし。それに母親も服の買い物、家電の買い物とカードを使いこなしている。ただ、怖いのはカード一枚で上限までお金を使えるということかもしれない。いくらでも使うことができるし、番号を信用のない人に教えてしまったり、知られてしまうと使い込まれる可能性だってある。とても便利なものだけれど、あくまでも「自己管理」が大切で、20歳になるまで作れないというのは納得のいくものだと、デメリットを考えると思うことができる。

旅行前日の電話

クレジットカード会社から勤務先に電話がかかりました。たまたま私が取ったのですが、丁寧な言葉づかいで話す女の人の声を聞きながら、「カード会社から勤務先にまで一体何の用事?」と不審に思いました。用件はすぐわかりました。今回の引き落とし額が口座にないのでその旨の葉書をお送りしたが見られましたか?とのこと。あいにく見落としていたようでまだ何もしていない。「これでブラックリスト入りだ…」と真っ暗な穴に突き落とされたような気分になりました。請求金額は大したことがないのですが、旅行前で、現金をいつもより多めに引き出していたことで残高不足になっていました。しかもあと2000円ほどが足りないだけで、その請求自体全額が引き落とされていないとのこと。とりあえず今カードは使えない状態になっているということ、振込を行ってもすぐには使えるようにはならないことなどの説明を受けたもののその日は仕事のためすぐには動けず、翌日から海外旅行の私は心底悩みました。しかたがないので現金を彼氏に託し、翌日振込をしてもらい、その上で振り込んだことを電話で連絡してできるだけ早くカードが使えるように依頼することをお願いしました。旅行の最終日あたりにやっとカードが再び使えるようになったのですが、その後もきちんとカード決済させてもらえたことがわかり、やっと「ブラックリストにはどうやら載っていないようだ」と思えてほっとしたのでした。便利で手放したくないクレジットカード、このことがあってから残高には注意して使っています。

クレジットカードのメールサービスがありがたい!

最近のクレジットカードサービスはなかなか便利です。メールで次の月にいくら引き落とされるのかお知らせしてくれるのがすごく嬉しいです。何日までに口座にお金を用意してくださいなんていうメールまでくれるので、今では口座にお金が足りなくて引き落としが出来なかったことはありません。あまり、お金の管理が得意な方ではないので、私のようにずぼらな人間にはすごくありがたいサービスです。たまに必要のないメルマガみたいのが来てちょっとうるさいのですが、それがあってもこのサービスはすごいいいですね。クレジットカードのデメリットはやはり、現金が引き落とされるのにタイムラグがあることだとおもいます。その欠点もうまくカバーされました。嬉しいです。

カードのお得感

母と一緒に買い物に行き、カードで支払いをすると「あなた、カードなんて高い利子が付くんだからやめなさい」と言われる。もう何度も「一括清算で決済すれば金利は付かないよ」と話すのだが、何年もおなじ事を言われ続けている。面倒なので、最近はもう無視である。そんな母は、近所では手に入らないコスメや食料品などを、通販で買って欲しいと頼んでくる。母の住所に届くよう注文して、後日値段分の現金をもらう。もちろん支払いはカードでしている。母は、私じゃ手が出せないような結構お値段の高い化粧水や、高級海産物なんかを良く買ってくれるので、通販サイトとカードのダブルでポイントがたまっていく。カード嫌いの母のおかげでたまったポイントを利用して自分の洋服なんかを買っているという事は、もうしばらく黙っていようと思う。

やっぱりポイントがおいしいクレジットカード

こんにちは。私はクレジットカードで数百円の買い物もしてしまうほどのクレカユーザーです。私がメインにしてるのはイオンセレクトカード、他地元スーパー系2枚、そしてオリコザポイントカード。LIFEカードもありますが、ほとんどボーナス払いとDOCOMO代、そして誕生月用です。ちょっと前にauウォレットカードを作って、楽天カードのサービスの楽天バーチャルカードからチャージしてたんですけど、キャンペーンをなかなかしないので今はすっかりオリコがメインです。イオンでポイント倍以外の時はこのカードでID払いです。近場スーパーでもやはりポイント倍以外はこれで一括払い。11月まではポイント2倍なのでしっかりメインでポイントいただきます。